ジェルネイルのオフ

爪に優しいと言われているジェルネイル。近年で急速に普及しました。いまやネイルアートの主流となりつつあります。
ジェルネイルのジェルによってオフの方法は違ってくるときがあります。ハードタイプと言われているものは、長い人工爪を作るためのジェルです。

そのため硬度が硬く、前準備から大変で爪に対してもいささか優しくない所があるのですが、オフするときも同じです。削ることによってしか外せないです。解かす溶液がないためです。そのため下手をすると爪を痛めかねません。

その点ソークオフジェルとも呼ばれるソフトタイプのものは、リムーバーと呼ばれる専用溶液があるので、爪を傷つける心配はありません。けれどもその溶液にアセトンが使われている場合もあるので、痛めないとはいえない場合もあります。

ジェルネイルをオフするときは、まず表面を削って傷をつけます。爪の大きさのコットンを用意し、これにリムーバーを染み込ませます。そのコットンを爪に当て、アルミホイルで包みます。この際ジェルが付いていない爪や皮膚に当らないように注意しなくてはなりません。

密封してしばらくおきます。ジェルのメーカーによってどれほど置くかは異なるので、自分でやるときは説明書を必ず読んでおきましょう。
アルミホイルを外すとジェルは表面がひび割れています。メタルプッシャーやウッドスティックなどで優しく取り除きましょう。まだ溶けていないジェルがある場合は、再びコットンからやり直してください。無理にはがさない方が良いです。