バイオジェルネイル

近年急速に広まっているジェルネイル。アクリルの合成樹脂が水飴状になったものに紫外線を当てて固める技法です。それに使用するジェルは様々あります。その中のバイオジェルを使ったものをご紹介します。ネイルサロンによって使う所と使わない所があるので事前に調べておきましょう。

バイオジェルはジェルネイル中で人気の高まっているジェルネイルです。ソークオフジェル、ソフトジェルと呼ばれる柔軟性のあるジェルに分類されます。同じソフト系ジェルにカルジェルがあります。カルジェルはトップコート必要なのに対し、バイオジェルその手間が要りません。そしてタイプによって硬いものもあるので、人工爪の作成は可能です。このためバイオスカルプチュアジェルと言ったりします。

スカルプチュアとは人工付け爪技法のことをさすのです。
透過性を持ちます。色の種類も豊富な方です。ですが、カビの心配があります。爪が伸び、人工爪との間に隙間が出来るとここに水分や雑菌が入り込みます。その結果カビが発生してしまうのです。そのため定期的にメンテナンスが必要です。長持ちするジェルです。

溶解性があるため、専用の溶液を用いて除去します。メンテナンスを含め、ネイルサロンで除去するのが望ましいのです。個人で機器や溶液を取り寄せることは可能ですが、使いこなすとなるとやはり専門知識が要りますし、危険を伴います。
下準備としてツヤをとる程度に爪の表面を削りますが、ごく少なくてすむところも爪に優しいとされる理由の一つです。